大鍋小鍋の滝2011

上北山村東ノ川西ノ谷にかかる総落差20mの滝で、滝壺の大きい小さいを鍋にたとえて呼ばれているとのことです。

R169上北山村河合よりサンギリ林道に入り、トンネルを抜けて坂本ダム方面に5分走ると小さな滝看板があります。

池原ダムからは、R425を約30分走り、坂本ダムを渡りサンギリ林道に入ると約10分です。(今回は池原ダムより)

路肩に駐車して下を覗き込むと四段の滝が見えましたが、紅葉は終わっているものの水量豊富で綺麗でした。

西ノ谷下流域には、落差約60mの「西ノ谷不動滝」がありますが、アプローチが厳しいため躊躇しています。

2011.11.23撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大鍋小鍋の滝2014

前回の2011年時は、紅葉は終りでも水量が多くて美しい滝姿でしたが、今回は違うアングルからの撮影です。

2014,11.15撮影

 

上方の滝の少し上方の駐車スペースに駐車して、林道から撮影しました。

紅葉は綺麗でしたが、幅広の滝のため余計に水量不足が目立ちます。

 

 

ガードレールを越えて谷に降りて見ましたが、ここから見る紅葉も綺麗でした。

 

 

道路からは見え難い中段の二条の滝です。

 

 

帰路は向谷滝に立ち寄った後、上北山温泉「薬師湯」で入湯して帰りました。

最後に、親切にサポート頂いた、もとなかさんに感謝です。

 

    

奈良の滝へ       TOPへ