日裏山谷の滝2009

五条市大塔町舟ノ川日裏山谷にかかる落差80mの滝ですが、秘境の滝でも今では人気の滝になりました。

今回のオフはたつおさんご夫妻、さすらいの滝人さん、タキタキさんと私の5名で行きました。

20062008に続き今回で3回目でしたが、滝へは林道篠原線を終点まで走り駐車スペースに駐車します。

2009.11.3撮影

 

谷を渡って、所々崩壊した林道を進むとやがて滝が遠方に見えて来ます。(日本滝名鑑によるとマトー滝25m)

    

 

迷滝-遠望

林道を歩いてから約1時間半程で林道終点近くの迷滝の全景が間近に見えるポイントに到着しました。

今回も迷滝は両脇から均等な水量で美しく流れ落ちており、紅葉の上方には初雪が積もって絶景でした。

 

 

この写真は帰りに撮影しましたが、滝横の積雪もなくなり紅葉も鮮やかに見えました。

 

 

 

全景ポイントから更に50m程先に進むと滝右手からの紅葉もあって、ここからの風景も美しいです。

 

 

直ぐに林道が終点になり、支谷を越えて進むと程なく迷滝の下流に到着です。

迷滝-滝前

日裏山谷を横断して谷の右手からアプローチを開始し所々にある巻きテープ頼りに登って行くと

林道を歩き出してから約2時間半で、壮大なスケールの落差約80mの迷滝が姿を表しました。

滝前は巨大な岩のテラスになっており、滝中央から右手は自在に撮影することが可能ですが、

今回は、遠望地点から小雨が降出し、岩が滑るので思う様に移動して撮影が出来ませんでした。

2009.11.3撮影


私的には、正面からの滝姿よりこの位置からの滝姿が好みですが、広角が欲しい所です。

 

 

滝下方の山々の紅葉は色付きも良くて綺麗でした。

 



特にこの位置の紅葉の鮮やかさは際立っていました。

 


名残惜しく撮影した最後のポケデジでのショットですが、また訪問したい滝ですね。 


 

紅葉の季節の二条の端正な滝姿は、美しい風景と共に記憶に残るでしょう!

最後に、滝オフに参加して頂いた皆様、お付き合いありがとうございました。


奈良の滝へ