水辺の鳥2 

野鳥No.

分類(科)

野鳥名

全長cm

撮影難度

撮影場所

撮影日

01

カモ

オオヒシクイ

90

湖北湖岸

2015.11.29

湖沼に群れで飛来、黒い口ばしの先に黄色い斑の大きなカモ。<全画像はこちら

 

02

カモ

サカツラガン

87

海の中道海浜公園

2017.10.30

稀な冬鳥または旅鳥として主に西日本に飛来、日本製ガンで最大、♂♀同色。全画像はこちら

 

03

カモ

コハクチョウ

120

湖北湖岸

2015.11.29

広い湖沼、河川などに飛来、田園で餌探しをしていたが、湖で泳いでいる姿を見たい。全画像はこちら

 

04

カモ

オオハクチョウ

140

浅所湖岸

2018.10.18

冬鳥として湖沼、河川、湾内に飛来、コハクチョウより一回り大きく、嘴の黄色部が広い。全画像はこちら

 

05

カモ

コブハクチョウ

152

平城宮跡

2016.02.05

赤みのあるくちばしで、付け根に黒いこぶ、人がいるとエサ狙いで近付いて来た。全画像はこちら





06

カモ

コクチョウ

120

平池緑地公園

2017.12.02

ブラックスワンとも呼ばれ、オーストラリアに生息、全身黒色、嘴は赤色で先端が白斑。全画像はこちら



07

カモ

シナガチョウ

100

二上山

2016.03.25

中国でサカツラガンを改良して作られた様で、太目の体で嘴の根元にこぶがある。全画像はこちら




 

08

カモ

オシドリ ♂

45

崇神天皇陵

2016.01.11

湖、溜池の木が覆い被さる岸辺などで見かける冬鳥、橙色した大きな三列風切の♂。全画像はこちら

 

09

カモ

カルガモ

61

平城宮跡

2016.02.05

くちばしの先だけ黄色、ペアでいることが多いが、♂、♀の区別は難しいみたい。全画像はこちら

 

10

カモ

マガモ ♂

59

崇神天皇陵

2016.01.11

頭が緑色で、くちばし全体が淡い黄色の♂、♀と楽しそうに泳いでいた。全画像はこちら

 

11

カモ

コガモ ♂

38

奈良市帯解町

2017.03.12

ほぼハト大で、カモの中では最小、♂は目のふちが緑で銀色の腹も輝いています。全画像はこちら

 

 

12

カモ

ハシビロガモ ♂

51

奈良市帯解町 2017.03.12

頭は濃い緑色、長めで横幅の広くて黒いくちばしの♂。 全画像はこちら

 

13

カモ

ヒドリガモ ♂

49

橿原神宮

2015.11.28

くちばしは灰色で先が黒、右の♂は頭が赤茶色で中央が黄色、白目をむいている時が多い。全画像はこちら

 

14

カモ

アメリカヒドリ ♂

48

桃山公園

2017.01.07

稀に飛来、ヒドリガモの群れに混じっている事が多い、顔が白っぽく緑のラインが綺麗。全画像はこちら